はじめに

「いつの間にかもらったお給料がなくなっている」

「なかなかお金が貯まらないな」

「毎月のお給料を少しずつでも貯金をしたいけどできない」

そう思って家計簿をつけ始めた人も多いのではないでしょうか。

けれども家計簿つけ始めてもなかなか長続きしないんですよね。

私もその一人でしたから。

今回は、家計簿を長続きさせる方法をご紹介したいと思います。

自分にあった方法を見つける!

細かいところまで気にしすぎない!

習慣化させる!

これが長続きの秘訣だと思います。

自分にあった方法を見つける

家計簿と聞いてまず思いつくのが紙ベースののノートですよね。

「家計簿」と書いてあり、中を開くと細かい字と表が並んでいる分厚い本が書店に並んでいます。

それを手に取り、よし家計簿をつけよう!と買ったのはいいが3日で挫折・・・そんな話もよくあります。

今はスマホのアプリやパソコンの表計算などで気軽に家計簿がつけることができますし、レシートの写真を取るだけでアプリに読み込みができるなんて簡単な方法もあります。

もちろん専用ノートに書き込む方法や大学ノートにオリジナルの家計簿を作るという方法もあります。

どの方法が自分に向いているか自分の生活リズムや性格から考えて見てもいいと思います。

私の場合は大学ノートに線を引き、必要最低限の項目を書き込み、ざっくり書くという方法が一番合っていました。

細かいところまで気にしすぎない

家計簿をつけるときに挫折する原因の一つが1円単位まで正確に合わせようとすることにあると思います。

例えば、昼ご飯に外食をしてレシートをもらい忘れたとします。

のちに家計簿に記入しようとしてもいくら払ったのか思い出せない、そんな時はざっくり書けばいいんです。

◯◯円くらいだったなと書けばいいと思います。

1円単位が思い出せなくて悩んで書かないよりマシです。

習慣化させる

今までやっていなかったことをいきなり始めてもなかなか続きませんよね。

毎日のリズムの中に組み込み、習慣化させることが大切です。

例えば、帰宅してバックの中身を整理するときについでに財布からレシートを出してノートに書き込み。

あるいは寝る前にスマホを触るついでにアプリの家計簿に記入するといった、自分の生活習慣にうまく組み込んで習慣にすることで長続きにつながると思います。

まとめ

家計簿をつけることはなかなか続かずハードルが高いように思うかもしれません。

しかし、自分にあった方法を見つけ、細かいところまで気にせずにざっくり記入し、自分の生活リズムに家計簿をつけることをうまく組み込み習慣化してしまうことで家計簿を継続してつけることができると思います。

参考になれば嬉しいです。