はじめに

ここ最近、新型コロナウイルスが猛威を振るい不安な日々が続いていますね。

とにかく外出時はマスク必須!マスクをしていないと入店を拒否する店舗まで出てきました…

「でもマスクって正直あまり好きじゃない」そう思っているのは、私だけではないのでしょうか?

マスクの問題点の一つとして【口を隠していると表情が分かりづらく無愛想に、時には怒っている様に見える】という事が上げられると思います。

これは完全に私の主観になってしまいますが、私はマスクをしている人がなんとなく恐いです。

これは主に人は口角を上げることで笑顔を作り、笑顔を作ることで相手に敵意が無い事を伝える動物だからだと思います。

だから、その重要な口が見えなくなってしまうとどうしても相手の表情も読み取りづらくなり、場合によっては“怒っている”と判断してしまうのでしょう。

そんな問題を解決するべく、私が独自に美容師さんやメイクさんのSNSを見たり、自分で試行錯誤したりして編み出した【マスク必須時にオススメのメイク】をご紹介したいと思います!

マスク必須時にオススメのメイク

では初めに、メイクは【とにかくアイメイクに力を入れる】【リップはマスクに付いてしまうことを前提に考える】この二点に絞ってご説明しようと思います。

とにかくアイメイクに力を入れる

まず、“アイメイク”についてです。

これが重要な理由としては、言わずとも分かる様に口が見えない以上、目や眉毛で感情を表現しなくてはいけないからです。

好みの問題はあるかと思いますが、今回重視するのは“口が見えなくても相手に好意を伝える”という一点のみです。

なので、これはプライベートだけでなく、接客業の方のお仕事用メイクにも向いていると言えるかもしれません。

そこで私がオススメしたいのは、いつもよりちょっぴり可愛めの目元を作ることです!

黒のアイラインや濃い目のアイシャドウ等を用いた、キリリとした目元もかっこよくて素敵なものですが、時としてきついイメージを持たれがちです。

なので、可愛めアイメイクにはアイラインもアイブロウもブラウン系の優しい色合いの物を選び、アイシャドウは薄いブラウンやピンクにパールが入ったもの等こちらも柔らかい印象の物を選び使用するとベストです。

そして少し目じりを下げる様にアイラインを引いて、穏やかににっこり笑っている様な目元を作るのがコツ!

ちなみに、普段マスカラをしない方はマスカラを取り入れてみるのも良いと思います。

マスカラを使う事で華やかな印象になり、それと同時にきつい雰囲気を和らげることができます。

私はこのアイメイクを取り入れた事で、女子力アップもできたので一石二鳥でした!

リップはマスクに付いてしまうことを前提に考える

次にリップについてですが、マスクを絶対に外さないと初めから分かっている外出時は透明の保湿用リップクリームのみで十分です。

ですが、食事等でマスクを人前で外さなければいけない時はリップに細心の注意を払いましょう。

これについては二つの理由があって、まず一つ目としてはマスクの内側がチラッとでも他人の目に触れた時、濃い色のリップがベッタリ付いているのは私としてはあまり印象が良くないと思うからです。

そして二つ目は濃い色のリップはマスクに付着して剥げてしまった時にどうしても目立ちやすいです。

この二点を踏まえた上で、リップはできるだけ薄め、ナチュラルなカラーのものを選ぶ事をオススメします!

とは言っても、リップはメイクの要、全体的な雰囲気や季節によっても濃い目の色を使いたい時もありますよね。

私も付けるだけで一気にお洒落度がアップするブラウンリップは手放せません…。

そんな時は色落ちしないリップティントや、通常の口紅の上から塗ることで色落ちを防ぐリップコートを使用することをオススメします。

このちょっとした工夫だけで、マスクへの色移りは格段に防げました!

おわりに

以上が、私が普段意識している、マスク着用時のメイクのコツです。

ぜひ自分なりにアレンジしつつ、マスクをしていても感じが良く見えるメイクを目指してみてください!